哀しい予感

吉本ばななさんの本はこの本がはじめてだった。描写もすごく素敵だし、ほんわかするような温かいお話。

終わってしまったからこそ価値があり、先に進んでこそ人生は長く感じられるのだから。

amazonで見る

この本の情報

タイトル 哀しい予感
著者 吉本ばなな
出版社 角川書店