読書について

岩波文庫や哲学系をいろいろ読んだけど、ショウペンハウエルは性格的にも言ってることも結構好きな部類だった。

読書は思索の代用品にすぎない。
読書は他人に思索誘導の務めをゆだねる。

かりにも読書のために、現実の世界に対する注視を避けるようなことがあってはならない

文学も日常生活と同じである。
どこに向かっても、ただちに、どうにもしようのない人間のくずに行き当たる。

良書を読むための条件は、
悪書を読まぬことである。

amazonで見る

この本の情報

タイトル 読書について
著者 ショウペンハウエル
出版社 岩波文庫