クドリャフカの順番

〈古典部〉シリーズ第3弾。文化祭でのお話。気軽に読めるミステリー。ラノベ…ではない。えるたそ〜。

疲れたと言ってはいけないよ。疲れたというのは、わたしはもう充分やったから次はあなたがやりなさい、と聞こえるからね。もしどうしても疲れたときは、少し休ませてと言うんだよ。休んだら、また自分でやりますと聞こえるからね。

amazonで見る

この本の情報

タイトル クドリャフカの順番
著者 米澤穂信
出版社 角川書店