楽隊のうさぎ

中学生の吹奏楽のお話。忘れかけた青春を思い出す感じ。何かに打ち込む姿っていいよねぇ。

心を灰色に塗り固めるのが上手になると、同時に、何もかもを忘れてしまう。それはそれで楽でいいのだが、年中、忘れものにあわてふためくはめになる。

amazonで見る

この本の情報

タイトル 楽隊のうさぎ
著者 中沢けい
出版社 新潮文庫