ヴァニティ

女性の人生について?恋愛系の短編集。くどくどしくないあっさり感。

忘れられない何かがあるって、忘れてしまいたい何かがあるより、ずっと価値があるはずだろう。

「私は、好きって気持ちを伝えることを恥ずかしいなんて思わない。本当に恥ずかしいのは、好きって想いを笑う方だと思う」

amazonで見る

この本の情報

タイトル ヴァニティ
著者 唯川恵
出版社 光文社