異邦人

「太陽が眩しかったから」で有名な1冊。フランス文学らしさの「人間とは」、哲学性を含んだ作品。

私が死んだらひとびとは私を忘れてしまう。そのことをよく承知していたから。ひとびとは私に対してもうどうすることもできないし、私の方は、それは考えるだに堪えがたいということさえできないのだ。
結局において、ひとが慣れてしまえない考えなんてものはないのだ。

amazonで見る

この本の情報

タイトル 異邦人
著者 カミュ
出版社 新潮社