アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

SF小説の名作と言われている。

時代を考えると、本当にこの時代に書かれたのか?って思うほどのSFの作り込み。70年代後半の作品なのでそれこそ翻訳が不安なところもあるけれど。ジョージ・オーウェルとはまたちょっと違う感じかな。

amazonで見る

この本の情報

タイトル アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
著者 フィリップ・K・ディック
出版社 早川書房