フェルマーの最終定理

数学が壊滅的に苦手なので読まず嫌いしていたんだけど、ドキュメンタリー映画のように読める。(数式が読めるとは言ってない)

学問の成長は、アイディアをどれだけ巧みに伝達し、発展させられるかにかかっている。それはすなわち、微妙な点まで語りうる柔軟な言葉が必要だということだ。

「πが無理数だと知ったところで何の役にも立たないだろうが、知ることができるのに、知らないでいるなんて耐えられないではないか」

「だから言ったでしょう」

amazonで見る

この本の情報

タイトル フェルマーの最終定理
著者 サイモン・シン
出版社 新潮文庫