笑う月

安部公房らしさの詰まった1冊。特に「アリスのカメラ」ではカメラ事情が伺える話でおもしろい。読みやすい文章だと思う。

写真を撮ってみたいと思うことと、カメラ好きになるということには、微妙で、しかも越えがたい溝があるのだ。

amazonで見る

この本の情報

タイトル 笑う月
著者 安部公房
出版社 新潮文庫